ごあいさつ


 謹啓
 皆様におかれましては益々ご清祥のことゝお慶び申し上げます。
おかげさまで弊社は創立37年目を迎えることが出来ました。これもひとえにお取引先様を始めとする関係先の皆様によるお引き立ての賜物と感謝しております。また、日頃のご厚誼に対し厚く御礼申し上げます。
 
 さて、私どもを取り巻く環境において、様々な大きな変化が起きております。2025年の大阪万博の「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマは、「人工知能(AI)や仮想現実(VR)など21世紀の最先端技術を活用した医療・健康、スポーツや娯楽、新ビジネスを一堂に集め、世界の人々に経済・社会の未来像を示す万博」と公表されていますが、特にAIは様々なジャンルで効率化や高精度化の助けとなる技術として利用が進み、そのための効果的な技術としてさらなる活用への道が拡大しております。その中で弊社の主業務となるお客様の最適なシステム創りにおいて、ICTに加えてAIが積極的に利用される機会が多くなりそうですので、新たな切り口や試み等を取り入れたシステム構築を目指して、弊社もソフトウェアハウスとして一翼を担える存在、頼りになる存在としてAI利用技術を取り入れるべく努力を重ねて行く所存でおります。

 一方、IT先進国を目指したインフラ整備による通信料や機器の低価格化、技術の進歩による機器の小型化・大容量化や高速化等の各種インフラ整備等も充実し、一般家庭においても様々な電脳家電として広く浸透する等、ICT関連技術はその適用範囲を拡げております。また、スマートフォンやタブレット端末等の急速な利用拡大により、コンピュータは特定の場所で特別な知識を持つ人が使用するモノから、いつでも何処でも誰でも利用可能な身近なツールとして、さらなる進化へと向かっております。さらに関連技術の適用により、あらゆる面で人をサポート出来るようなロボット実用化が予想以上に技術進歩しております。

 このような社会で私どもの役割・責任は、より広い範囲、より高いレベルが求められるようになっております。コンピュータ関連の技術力に加えてAI等の最新利用技術、その適用分野の理解力、さらにお取引先様の真の要望を引き出すコミュニケーション力、プロジェクト運営力、それを推進し支える“人間力”がより求められております。さらにコンピュータの適用範囲の広がりにより、今までコンピュータに携わることのなかった方に対しましては、同じ目線や言葉でシステム化提案とシステム提供を出来ることが、お客様のより使いやすいシステム作りのための重要課題と捉えております。

 弊社は創立以来、「お客様本位のパートナーシップを高めること」を社是と致し、お客様のソリューション推進の担い手として技術の蓄積に努めております。おかげ様を持ちまして創立以来お取引先様の絶大な信用と、長期に渡って責任あるお取引を頂戴致しております。今後とも「人と人との和」を何より大切なものと考え、システム利用者にやさしいお客様の立場に立った真に役立つシステムのご提供が出来ますように、強力な体制を維持して行く所存でございます。今後共、よろしくご指導、お引き立てを賜りますよう心よりお願い申し上げます。
                                                謹白
 2019年1月1日
                                     株式会社イデア・システムズ
                                     代表取締役社長 吉浦 正俊